来所/実験

SPring-8課題実施に係る手続き一覧

*課題申請から実験終了後の手続き一覧についてはこちらをご覧下さい。

1.実験責任者

来所前の手続き 期限 提出方法

外来放射線作業者登録申請書(様式5-1)について注1) 
申請書作成Webページ
実験責任者ご本人分のみ
提出しないと実験できませんのでご注意ください。
また、来所の際には所属元の個人被ばく線量計を必ずご持参下さい。
年度初回来所10日前 WEBからご入力頂き、ご捺印後、原本をご郵送下さい。
利用申込書(様式10)
共同実験者(様式5-1提出済の方に限る)を確定して申し込んで下さい。
毎回来所
10日前
マイページ(オンライン)
試料および薬品等持込申請書(様式9)
課題申請時に登録された試料および薬品が反映されていますので、確認後、最終確定をお願いします。
利用申込書
提出時
マイページ(オンライン)
請求に関する情報の入力
参考:利用料金について
   消耗品実費負担制度について
実験開始まで マイページ(オンライン)






ユーザー登録の更新 実験責任者ご本人分のみ
ユーザー登録後、登録内容に変更が生じた場合。
随時 マイページ(オンライン)
共同実験者の更新
申請時の登録内容から変更が生じた場合。
大学院生提案型課題は、原則として指導教官の登録と実験への来所が必要です。
利用申込提出
以前
マイページ(オンライン)
物品持ち込み届(様式8) 利用申込書
提出時
マイページ(オンライン)
高圧ガス容器持込事前申請書(様式25) 2018A期
第1サイクル:
2018年3月8日
第2サイクル:
2018年4月9日
第3サイクル:
2018年5月2日
第4サイクル:
2018年6月12日
ご郵送もしくは電子ファイル(PDF)をメールにてご送付ください。
通行許可証引換証  
自動車等での来所の場合。 実験責任者ご本人分のみ
随時(来所毎) 持参
(正門守衛所)
その他:動物実験計画承認申請書 別途、指定する期日 別途、指定する方法
実験後の手続き 期限 提出方法

ビームタイム利用報告書(様式12) 退所時 マイページ(オンライン)









利用課題実験報告書(様式26)
実施した実験の内容を簡潔に報告してください。
2018A期の報告書は2018年10月19日にWeb公開予定
課題終了後60日後の 実験終了同時刻まで
※ただし2018A期のPX-BL課題は
2018年10月5日まで
マイページ(オンライン)
成果の公開
課題実施期終了後3年以内に以下のいずれかの方法で成果を公開し、JASRIへ登録してください。
①課題番号が明記されている査読付き論文
査読付きプロシーディングス、博士学位論文を含む
②SPring-8利用研究成果集(様式27)
③公開技術報告書等
JASRI(SPring-8/SACLA成果審査委員会)で認定された出版物等に限る。
詳細はこちら








産業利用課題実施報告書
放射光施設横断産業利用課題実施報告書

一般課題(産業利用分野)のうち成果非専有の場合または
放射光施設横断産業利用課題

*2018A期に実施した課題の産業利用課題実施報告書は2019年3月に発行予定。

BL14B2、BL19B2、BL46XUで実施の課題(2018A第1期分)

2019年8月29日(水)必着

上記以外の課題

2019年10月10日(水)必着

郵便または
メール
その他:動物実験終了報告書 報告書により異なります。

注1)所属変更の場合は、様式5-2で解除後、新規所属から様式5-1の再提出が必要です。

2.共同実験者

来所前の手続き 期限 提出方法

外来放射線作業者登録申請書(様式5-1)注1) 
提出しないと実験できませんのでご注意ください。
また、来所の際には所属元の個人被ばく線量計を必ずご持参下さい。
年度初回来所10日前 WEBからご入力頂き、ご捺印後、原本をご郵送下さい。






ユーザー登録の更新
ユーザー登録後、登録内容に変更が生じた場合。
随時 マイページ(オンライン)
通行許可証引換証  自動車等での来所の場合。 随時(来所毎) 持参
(正門守衛所)

注1)所属変更の場合は、様式5-2で解除後、新規所属から様式5-1の再提出が必要です。

3.手続き等の詳細

共通 消耗品実費負担制度
SPring-8ビームアボート通知の設定方法
SPring-8/SACLA サイト内無線LAN接続方法
「利用実験ネットワーク」利用ガイドライン
放射線従事者の登録
参考:放射線従事者登録に関するQ&A
利用実験に係る安全等教育 一覧
成果非専有課題 成果非専有課題の成果の公開について
成果専有課題 SPring-8成果専有課題の料金および支払い手続きについて




高圧ガス容器持込予定者 「高圧ガス容器」の持込みについて
高圧ガス容器持込事前申請書(様式25)
高出力レーザ使用またはレーザ機器設置者 高出力レーザを使用する場合の手続き等について注1) 
生物(動物、遺伝子組換え、生物、ヒト材料)実験予定者 生物試料を用いる実験に係る手続き等について
放射性物質を用いた実験予定者 実験に放射性物質を用いる際の手続きについて
成果公開優先利用課題 SPring-8成果公開優先利用課題の料金および支払い手続きについて
産業利用課題または放射光施設横断産業利用課題 報告書提出(産業利用課題実施報告書、放射光施設横断産業利用課題実施報告書)

注1)2018年4月からSPring-8/SACLA常設レーザを使用される場合の手続き方法が変更となる予定です。詳細が決まり次第、お知らせいさせていただきます。
 

4.提出方法

全ての手続きは定められた期日までに完了して下さい。
*オンライン: 
 User Information Webサイト(UIサイト)のマイページ(ログイン)
 「申請/報告」から入力して下さい。
*郵送またはメール: 
 UIサイトよりダウンロードして必要に応じてご記入およびご捺印頂きまして、下記までご提出下さい。
【郵送先】
   〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
  (公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部共用推進課
   *郵便番号は事業所の個別番号ですので、郵便での送付の場合は住所表記を省略できます。

5.注意事項

*単独実験・作業の禁止
安全上の観点から単独実験はお断りしております。やむを得ず単独実験を行う際は、事故防止のため、夜間の利用を制限する場合があります。
*配分どおりのビームタイムを利用できない場合について
装置の故障、災害発生時、伝染病流行時などは、採択時の配分ビームタイムをご利用いただけない場合、または、来所をご遠慮いただく場合があります。

6.その他

SPring-8の利用にあたっては、上記の手続きの他、事前にUIサイト等で必要な情報をご確認下さい。なお、ビームタイムの供給停止、来所の制限等の発生があった場合は、対応についてUIサイトで告知いたします。

7.お問い合わせ先:(公財)高輝度光科学研究センター 利用推進部共用推進課

*全般
E-mail: sp8jasri@spring8.or.jp TEL: 0791-58-0961 FAX: 0791-58-0965
*来所に関するお問い合わせ
E-mail: uoffice@spring8.or.jp TEL: 0791-58-0902 FAX: 0791-58-0906

Print Print