来所/実験

宅配便について

■ 物品持ち込み届(オンライン) 様式8〈提出:実験責任者〉

大型の測定装置や周辺機器等の利用実験に係る物品を、SPring-8/SACLAに持ち込む(宅配便等を利用する場合も含む)必要がある場合には、必ず来所の10日前までに、マイページから『物品持ち込み届』に必要事項を入力し、オンライン提出してください。危険物や規制品など安全上の問題がある場合は持込ができない場合がありますのでご注意ください。

注:「利用申込書」が提出されるまで「物品持ち込み届」は提出できませんのでご注意ください。 提出後に変更が生じた場合は、利用推進部までメールにてお知らせください。

■ 宅配便について

ユーザー本人が直接受け取らない場合は利用推進部宛(気付)に発送可能です。宛先には下記のように受取人本人の名前、課題番号を記入してください。

<宛先>
〒679-5198 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
(公財)高輝度光科学研究センター
利用推進部気付 SPring-8共用実験ユーザー○○○○様 (課題番号 2017A####)
TEL: 0791-58-0961

<留意事項(国内外共通)>
○JASRIは宅配に伴う一切の責任を負いません。また、宅配に係る全ての費用はユーザー負担となります。
○宅配業者が利用推進部気付で荷物搬入可能な時間帯は、平日の9:00-17:00となります。
○荷物の紛失・破損等が生じた場合の責任は負えませんこと、予めご了解ください。なお、特殊な保存(冷温保存等)設備はありません。
○発送伝票には、連絡が取れる受取人の携帯電話番号等を記載してください。
○高額のもの、機密書類、大型・重量のあるもの等は利用推進部宛に発送せず、受取人本人が直接受け取ってください。

<日本国外からの荷物/日本国外への荷物>
○日本国外から、または日本国外への荷物の発送には、通関の手続き等が必要となる場合がありますので、都度、宅配業者等に相談されることをお勧めします。
○日本国外への荷物の返送手続き(具体的には、梱包、集荷立ち会い、ロジスティクス会社との調整など)は、必ずご自身で行ってください。なお、海外輸出には、InvoiceやPacking Listが必要となります。
○宅配に関しJASRI側へのご相談事項等がありましたら、必ず事前に利用推進部へご相談ください。内容によってはJASRIでご対応できない場合がありますので、予めご承知おきください。

<日本国外からの荷物 参考情報:通関の手続き等に関する一般的な情報>
輸入税にかかる手続きは済んでいますか? 例)ATAカルネなど
ワシントン条約に抵触しませんか?
日本国内への輸入が禁止されているものではありませんか?
日本国内への輸入が規制されているものではありませんか?

Print Print